料理人プロフィール

長崎県平戸出身。
20歳で料理の道に入り長崎の料亭で修行に入る。

その後、ふぐの勉強の為に 山口県 宇部の全日空ホテルへ就職する。

その後 博多車屋、大和実業を経た後、32歳の時に、ヘッドハンティングで福岡ビューホテルのオープン時の和食部門の料理長に就任する。当維持、イチロー選手も所属していた、オリックス球団の依頼で福岡遠征時の料理を担当する。

地道な修行を重ね重ね36歳で独立し『あごだし専門 おだいどこ旬』を開業する。 開業して福岡市薬院の地で18年になり、感謝感謝の気持ちで いっぱいです。

2013年より九州文化学園 専門料理学校で非常勤講師に入り、次世代の料理人を育てている。

専門学校での授業風景